ベビーサインのデメリット | ベビーサイン辞書

ベビーサインのデメリット

ベビーサインのデメリット

ベビーサインのデメリットとして、大きく以下の4点があると私は考えます。

ベビーサインのデメリット

親子共に数多くあるベビーサインを覚えること

ベビーサインのデメリットとして、ベビーサインのその種類の多さです。 このベビーサインの種類の多さが逆にベビーサインのデメリットになる恐れがあります。

なぜならば、数多くあるベビーサインを親子共に覚えて実践するのは大変だからです。 ましてや、育児をしながらとなると「もう無理」と考えるママやパパも多いと思います。

しかし、ベビーサインは赤ちゃんの意思表示が正しくママやパパに伝われば良いです。 なので、ベビーサインの基本動作を忠実に 「おっぱい」や「ミルク」など必要と思われる最低限のベビーサインから少しずつ始めれば 親子共に負担にはならないと思います。

ベビーサインのデメリット

親が赤ちゃんに期待しすぎること

ベビーサインのデメリットとして、過度な赤ちゃんへの期待です。

ベビーサインに限らず、赤ちゃんの成長には個人差があります。 ママ友の間でも、同じくらいの月齢の子が自分の子より早く何かができるようになると、ママは焦ることがあります。 ベビーサインでも同様のことが言えます。

なかなかベビーサインをしないわが子に、だんだんママやパパも焦りとイライラが積り、逆に親子関係を悪くしかねません。 ママやパパの過剰な期待や強引な押し付けでは赤ちゃんも逆に嫌がるかもしれません。

これでは、親子間で良いコミュニケーションがとれませんよね。 子育てもベビーサインも気長に楽しみながらするのが一番良いですね。

ベビーサインのデメリット

ベビーサインが通じない場合があること

ベビーサインのメリットとして、言語習得を手助けしてくれるところにあります。

ベビーサインのデメリットとして、ベビーサインが通じない場合があると赤ちゃんが混乱する可能性があることです。 ベビーサインを覚えた赤ちゃんはいつも同じサインをすれば、ママやパパが赤ちゃん自身の欲求を満たしてくれます。

しかし、保育園などに早くから預ける場合やおじいちゃん、おばあちゃんに預かってもらう時など、 先生や、おじいちゃんおばあちゃんは、赤ちゃんのサインが何を要求しているのかがわかりません。

例えば、いつもだったら、このミルクのサインをすればミルクが出てくるのに、全然ミルクが出ないと 赤ちゃんも混乱をするかも知れません。

そういう場合は、事前に保育園の先生やおじいちゃん、おばあちゃんにベビーサインのことを説明して 対応してもらうようにしましょう。

ベビーサインのデメリット

ベビーサインを過信しすぎること

ベビーサインのデメリットとして、ベビーサインを過信しすぎることです。 ベビーサインをするということは「理解できる=納得して行動してくれる」と勘違いしてしまう方が多いのです。

しかし、まだ1歳や2歳の赤ちゃんは理解はしても、まだまだ本能のままに生きています。 ママやパパは赤ちゃんがサインをしてくれる分、赤ちゃんのしたいことや思いが分かります。

その分、パパやママの都合に合わせてくれない赤ちゃんに対してストレスを感じることになるかも知れません。 そこはイライラせずに、わが子が自分の欲求をきちんと人に伝えることができると、 わが子の成長を見守ってあげれたら良いですね。

スポンサードリンク

ベビーサインをもっと詳しく知りたい方は「一般社団法人 日本ベビーサイン協会」に問い合わせてみましょう。

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

カテゴリ一覧

CATEGORY

スポンサードリンク

SPONSURED LINK